1. HOME
  2. こだわり
  3. ぶどう作りのこだわり

ぶどう作りのこだわり

荒井果樹園 ぶどう 巨峰・シャインマスカット・クイーンニーナ

当園では、シャインマスカット・クイーンニーナ・無核巨峰(種無し巨峰)など近年人気の種無しぶどうはもちろんのこと、有核巨峰(種有り巨峰)の栽培に取り組んでおります。

「種無し」ぶどうは、種無し処理を行えば確実に結実させられます。
一方で、「種有り」ぶどうの栽培は、ぶどうの結実に関する生理生態を踏まえた高度な技術が必要です。
天候による影響も非常に受けやすく、種無しぶどうの栽培技術を有する生産者の高齢化が著しく進行しております。

10年後には種無しぶどうの生産者がほとんどいなくなるのではないか、と予測をする関係者もいるほどです。失われゆく技術…といっても過言ではないと思います。

この高度な技術を要する種無し巨峰の栽培を、当園が40年以上も続けているのには理由があります。

一つめは、種無し巨峰よりも種有り巨峰のほうがコクや深みがあり、味わいに奥行きがあること。
二つ目は、常にぶどうの栽培技術の向上に励み続ける当園のこだわり、および、矜持と言えます。

もちろん種無しぶどうは種有りぶどうと比べると、種が舌に当たることもなく食べやすいですし、あっさりとした仕上がりなので、それをお好みの方も多いとは思います。
しかし、種有りならではの味わいがあり年々稀少性を増している「種有り巨峰」も、ぜひ荒井果樹園にてお求めいただければ幸いです。